FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


FC2カウンター
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
21位
アクセスランキングを見る>>
九州八十八湯めぐり記事一覧
テレビ・ラジオの話記事一覧
サガン鳥栖記事一覧

父の日に考えること

2010/06/22 05:56:59 | 世の中の出来事&雑感 | コメント:1件

先週の日曜日は父の日
プレゼントをもらって
目じりを下げたオヤジの皆さんも多かったと思います


ところで先日 社会学者の先生が寄稿された
「オヤジと子供の距離感」に関する
記事を目にしました


曰く 昔の父親は子供にとって「世間の代表」であり「社会の窓」
世の中のことは父親を通して吸収してました
母親が愛情担当 父親は世間の厳しさ担当 こんな感じです


オヤジの言っていることは世間一般に正しいこと
頑固オヤジが「黙って俺の背中を見て育て!」確かにこういうのもOKでした

私が反抗期に
学校や親に反抗したとしても 結局は子供浅知恵 
今思えばやっぱり大人の言うこと正しかったなーって思います


しかし今の世の中はちょっと違います

親や学校から教わらなくても
いろんなツールで知識が吸収できるし
実際世の中で起きていることに接する度合いは
大人より若者や子供の方が多いような気がします


大人の常識や経験もそれはそれで大事ですけど
若者や子供の世界で今実際に何が起きているのか興味を持ったり
世の中のトレンドにもっと敏感になることが大事なのかもしれません


 一方的に価値観を押し付けるほど
  大人の情報量や経験が優位では無くなったということなんだと思います



そういえば
会社の上司の指示
世の中とズレテルなーと思うことが多々あります 
これも同じ話なのかもしれません(苦笑)


やっぱり夜の街に出て
若い女性とをするのも まんざらお金の無駄ではないのかもしれません!



下がる一方のランキング
 応援よろしくお願いしまーす!!!
 よかったらポチッとクリック願います!!!!!
 
↓↓↓

関連記事
スポンサーサイト




コメント

親父の背中

2013/01/15(火) 11:29:57 | URL | クレーマー&クレーマー #2kbNzpR6
私にとって親父(82歳で他界)は、その存在を強烈に思い出すことのできるイメージがありません。

親父は出稼ぎのために我が家にいないことが少なくありませんでした。そのことが親父のイメージが湧かないという背景にあるかと思います。

しかし、まったくイメージがわかないわけではなく、わずかながらも思い出すことはあります。それは晩年の親父の姿です。それを想うと、さびしい思いをさせたかなという後悔の念が募ります。

「親孝行したいときには親はなし」という思いを痛感する今日この頃です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する