FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2021年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
32位
アクセスランキングを見る>>
九州八十八湯めぐり記事一覧
テレビ・ラジオの話記事一覧
サガン鳥栖記事一覧

バブルの遺跡

2018/09/09 17:40:10 | 昭和の話 | コメント:0件

金曜日 阿蘇界隈を あてもなく ドライブしていたら

熊本県阿蘇市 と 産山村 の 境 で こんなものが 目に入ってきました





20180907_150514.jpg

20180907_150538.jpg





今は ごらんのとおりの 廃墟なのですが





20180907_150445.jpg





勝手に 想像させていただくならば

恐らく ” リゾートマンション ” か ” リゾートホテル ” の 類と思われる この建物





20180907_150400.jpg





周囲は 高原野菜が 栽培されている 畑 と





20180907_150653.jpg





遠くに 阿蘇山を 望む 

広大な平原が どこまでも 広がる 田園地帯





20180907_150932.jpg





ですが





この建物が 建てられたであろう バブル時代 には

この地域は 人気の ” 高原のリゾートエリア ” だったのかもしれません





バブルに浮かれた 小金持ちの おじさん達 や イケイケの若者たちが 

素敵な女性をエスコートして 週末毎に 賑わっていたのかも  





Popeye.png




 
堅実で 派手さを好まない この時代





バブル時代の 真ん中に 生きてきた 私世代にとっては

少々 窮屈でもあり 当時を 懐かしむ気持ちが 時折 心を よぎります





こんな考え方は この建物のように ” 過去の遺物 ” なのかもしれませんが 

若い頃の 思い出ということで 無理に 記憶から 消え去る 必要もないのかもしれません





あっ





でも この建物が 





本当に バブル期に建てられたものなのか

本当に リゾートマンションの類であったのかは 定かではありません





この日は なぜか 

想像力が 無性に 掻き立てられました





もし 事実と違っていたなら ごめんなさい





↓↓↓↓↓ よろしければ またお立ち寄りください








こんなランキングに参加しています みなさまの応援で テッペンめざして 

今日も 一つポチッと 応援 ヨロシク お願いします  


↓↓↓↓↓ 




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


↓↓↓↓↓ 拍手もヨロシクお願いします   
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する