FC2ブログ

NW11の日記〜どこにでもいる56歳男が感じること思うこと

九州温泉道温泉日記・サガン鳥栖観戦記・テレビラジオの話・大好きな佐賀の話etcプライベート話から中高年会社員の悲哀まで日常感じる素直な思いを綴ります。嫌なことをはさっさと忘れて楽しいことはいつまでも心の中に。まだまだこれから56歳!
Top Page › Category - 昭和の話

電車じゃなくて汽車に乗ってました@昭和の話

” 汽車に乗る ”当たり前に 口をついて 出た この ” 汽車 ” という 単語を 笑われたことがあります” 汽車じゃなくて 電車でしょ ”要は そういうことなのですが私が 子供の頃 に 乗っていたのは 間違いなく ” 汽車 ”鉄道網が さほど 発達していなかった 佐賀県で育った 私ですが 祖母の家に 遊びに行く際時々 一両編成の ” 汽車 ” に 乗せてもらったことを 憶えていますその後博多 と 長崎を結...

平成レトロ@昭和オヤジの呟き

先日 何気に聞いていたラジオで 最近流行っているものとして こんな単語が聞こえてきました” 平成レトロ ”耳を疑いましたが MCさんが発する言葉は 間違いなく ” 平成レトロ ”” 昭和 ” ではありません ” 平成 ” ですよ例えば Tictokで 流行っている ” ルーズソックス ” だったりミスタードーナツと 原田治さんのコラボの キャラクターだったり 確かに リアルタイムで 目にしていた 一世を風靡したグッ...

NETFLIX@休日のお話

遅ればせながら NETFLIX を 契約しましたラジオ & 読書メインの おうち時間に あと少しスパイスを加えようとこの3連休に 思い立った次第話には聞いていましたが想像以上に 番組数が多くて 圧倒されちゃいましたがとりあえずは 面白そうな番組を いろいろ つまみ食いしてみるつもり記念すべき 視聴第一号は ” 全裸監督 ”シーズン1から 見始めましたが すっかり嵌ってます村西とおる監督 女優の黒木香さん ...

ココナツサブレとチョコフレーク@昭和のお菓子

コンビニや スーパーに 行くと数多のお菓子や スウィーツが 所狭しと 並んでいますですが私は 結局 子供の頃から 慣れ親しんでいる 昔懐かしい ロングセラーの お菓子を 手にする傾向にあります特に お気に入りなのが ” シスコ ココナッツサブレ ”” 茶色&シルバー ” の こ洒落たパッケージは 半世紀経過した今でも健在” ココナツ粒の食感 ” と ” 絶妙な風味 ” と ” 味わい ”お店で見つけると ...

紙袋いいですね@昭和テイスト

休日の朝朝食用のパンを 近所のパン屋さんで 購入美味しそうなパンを 見繕って レジで支払いを済ませると無料で こんな紙袋に 入れていただきました薄茶色の無地の紙袋昔は どこで買い物をしてもこんな紙袋に 商品を入れてくれてましたがいつの間にか その座は ポリ袋に奪われ 令和の時代には エコバック全盛期この紙袋が エコなのか エコでないのかは分かりませんが昭和のおじさんは この紙袋の暖かみが 堪りませ...

あの頃のコロッケ@昭和の思い出

” 忘れられない思い出の味 ” ” あの頃のコロッケ ”スーパーマーケットの総菜コーナーで この商品のコピーに 釘付けになってしまいましたもともと コロッケは大好きな食べ物ですがデパ地下に売っている 神戸系のおしゃれなコロッケも良しですが実は子供の頃 近所の総菜屋さんで売っていた当時 一個50円くらいの 昔ながらの 素朴なコロッケが お気に入りそんな 潜在的な嗜好をぶち抜くような このコピー買わずには...

ハウスのシャービック@昭和のお菓子

スーパーでこんな 懐かしいものを 見つけましたハウス の ” シャービック ” 自宅で 手軽にできる シャーベット状の 冷たい アイス菓子子供の頃今ほど コンビニ・スイーツが 充実していなかった時代母が 作ってくれていた ホームメイドの お菓子が とても貴重で とても美味しかったことを よくよく覚えています” ホットケーキ ” ” ドーナツ ” ” プリン ” etcそして 夏になると 登場していたのが こ...

80‘sのダサめな衣装@バブルの話

テレビを 何気に 見ていたら耳を 疑う 単語が 耳に 突き刺さってきましたとある 俳優さんと 女優さんの インタビュー♀ ” 〇〇さんは どんな衣装を着ても 格好いいなと 思ってみてました ”♂ ” ドラマの 最初の頃は 80年代の ダサめの 衣装だったので ・・・・・ ”80年代のダサめの衣装私が 青春を 謳歌していた 80年代バブル真っ只中の浮かれた時代賑やかな場所ではこんな格好の男女が 街を闊歩し...

Oneway Generation @ 本田美奈子

最近 ラジオを聞いていると この歌が よく流れてくるような気がします本田美奈子さん の “ Oneway Generation “ ☟☟☟ oneway generation今聞いても とっても元気になる曲である反面ちょっとだけ 切なくなってしまいます本田美奈子ちゃん昭和から平成初期の時代を 一緒に生きてきた アーチスト本当に 素敵な女性で 本当に 可愛かった 。。。。。キュートで 元気があって でも どこか小悪魔的で 悲壮感も漂っていて...

学校で教わったこと@思い出話

今年も 春の ” 卒業式シーズン ”身近な場所でもいろんな学校の 卒業式の光景を 目にしました子供の成長に 本人以上に 親御さんが 感傷にふける 小学校の卒業式” 子供から大人へ ”一つ上の 大人の階段を登るセレモニーのような 高校の卒業式 etc卒業式模様は それぞれですが コロナ禍の今年も お祝いと 希望の雰囲気に 包まれている気がします小学校 中学校 高校  私も 12年間の 学生時代に色々な先生...